メニュー
  • トップページ
  • パーソナルトレーニング
  • シニア向け健康運動
  • ダンススクール
  • 最速ダイエット
  • 大人のバレエ教室
  • お知らせ&スワン高槻ブログ
  • 会社概要
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

スワン高槻ブログ

シニア向け健康運動用語集

・ADLとは?
日常生活動作のことを指します。食事や移動、排泄など生活に必要最低限の動作(BADL)と、家事や趣味娯楽、仕事など複雑な生活動作(IADL)の二種類がありどちらも大切な要素になります。『動ける80代』を目指すためには、ADL向上のためのトレーニングが有効です。

 

・アンチエイジングとは?
心身の老化を少しでも抑え若々しさを保つこと、また積極的に保とうとする取り組みのことです。美容や健康などの分野で多く使われている言葉です。年を取ると、肌のしわやたるみ、そして関節の痛みや筋力低下などが起こってきます。これを防ぐ、また進行を遅くするために運動をすることは最適なアンチエイジングと言えます。

 

・可動域とは?
関節可動域のことです。可動域が正常であれば機能不全やケガは起こりにくいのですが、筋肉の硬さや筋力不足、または関節の構造的な問題で関節可動域が制限されることがあります。運動やストレッチを行うことで改善されることが多いです。

 

・機能改善とは?
痛みや機能不全により正常に動かなくなったカラダの各部位を、正常に動かせるように改善していくことです。『上がらなかった腕が上がるようになった』、『杖をつかずに歩けるようになった』、などは機能改善ができたことになります。スワン高槻では、『機能改善』を目的としたレッスンも行っています。

 

・心肺機能とは?
酸素を肺で取り込む能力、そして酸素を心臓から送り出す能力を合わせて心肺機能と呼びます。有酸素運動によって鍛えることができます。心肺機能を高めることで疲れにくいカラダを作ることができます。

 

 

ストレッチとは?
スポーツや医療の分野においてストレッチとは、カラダの『ある筋肉』を良好な状態にする目的でその筋肉を引っ張って伸ばすことをいいます。運動前に行うことでパフォーマンスは向上し、運動後に行うことで筋肉の疲れを軽減させることが出来ます。更に運動可動域が広がることでカロリーも消費しやすくなり、ダイエット効果も高まります。

 

 

体幹とは?
解剖学的には腕は『上肢』といい、足は『下肢』といいます。『体幹』は身体の部分で胸部や背部、腹部を示します。体幹は身体の中心になるので、トレーニングで運動パフォーマンスを向上させる上で大切な部分になります。ボールを投げる動きを見ても分かるように、下肢から体幹に力が伝わり、体幹から上肢へと力が伝わり、それぞれが連携することによりパワーが倍増します。

 

 

バーチャルウォークとは?
映画館とスタジオを融合させたスワン高槻オリジナルレッスン。観光地の映像を150インチの大画面を見ながら優しい強度で運動を行います。その場での足踏みがベースの動きとなる為に膝を上げる高さや腕の振り、綺麗な姿勢を意識することで運動強度を各自でコントロールすることが可能です。

 

 

平衡感覚とは?
頭や全身の位置、直進や回転運動などを判別する感覚のことで、平衡感覚を感じる器官は、前庭器官と半規管が機能します。前庭は頭の位置や直進運動の加速度を感じ、半規管は回転運動を感じます。下半身や体幹を鍛えることで平衡感覚も良くなります。スワン高槻のシニア向け健康運動では平衡感覚も整えていく効果のあるレッスンも実施しています。

 

 

腰痛改善とは?
長時間中腰や猫背などの姿勢を続け、腰や背中の筋肉が緊張し続けたときや運動不足で腰を支える筋力が弱まっているときなどに腰痛は起こります。腰痛を改善する為には、腹部周囲の筋力アップからのアプローチ、そして体幹を中心とするストレッチからのアプローチの両方が必須になります。







ダイエット記録


198 / 300 スワン高槻パーソナルトレーニング



© Fitness Studio SWAN