メニュー
  • トップページ
  • パーソナルトレーニング
  • シニア向け健康運動
  • ダンススクール
  • 最速ダイエット
  • 大人のバレエ教室
  • お知らせ&スワン高槻ブログ
  • 会社概要
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

スワン高槻ブログ

フォームが大切

数年前、元大リーガーのイチロー選手に記者がインタビューをしました。

『イチロー選手は自分が天才だと感じることはありますか?』

それに対し、イチロー選手は、

『僕は天才じゃないですよ。自分なりの理論があって、今のバッティングフォームに行き着いたわけであって、努力して結果に繋げているだけです。他の選手を見て、「何であのフォームでホームランが打てるの?」っていうのを見たときに天才だと思いますね。』


イチロー選手らしいコメントを聞いて私にはツボでした。

理由があってフォームを作り上げていく。

皆さんがトレーニングをする上で、なぜパーソナルトレーナーやジムインストラクターに教わるのですか?



今のトレーニングフォームが正確に動けているのかをチェックしてもらう為ですよね。それだけではないですが、いくつか例に挙げると、

・自分に合ったトレーニングプログラム
・自分に合った運動強度
・理想の筋肉の質
・ダイエット目標達成へのエスコート
・フォームチェック
・モチベーションアップ

などなど、トレーナーの必要性は無限にあります。的確に目標までの道しるべになってくれるのがパーソナルトレーナーの役割。

この中で運動強度とフォームをピックアップしていきましょう。これらのどちらが大切かというと、答えは、

もちろん、『フォーム』です。

フィットネスクラブで多くの会員様を見てきましたが、運動強度が先行してしまって、フォームがダメな方がほとんどでした。トレーニングをしていても、そのままでは意味がない上に、関節や筋肉、靱帯を痛めてしまいます。

最初にすることは正しいフォームを身につけること。
大腿四頭筋・大殿筋を中心とする『スクワット』であれば、
つま先の向き、膝の向き、膝の位置、骨盤の位置、胸の位置、手の位置、肘の位置、息の吐き方などなど。

全て答えられますか?

更に種目に目を向けると、
パワーランジ、ローテーターリフト、オーバーヘッドエクステンションなどなど×100。

プロのトレーナーに全てを任せましょう!

皆さんも素晴らしいパーソナルトレーナーと出会えることを心から願っております。



© Fitness Studio SWAN