メニュー
  • トップページ
  • パーソナルトレーニング
  • シニア向け健康運動
  • ダンススクール
  • 最速ダイエット
  • 大人のバレエ教室
  • お知らせ&スワン高槻ブログ
  • 会社概要
  • アクセス
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー

スワン高槻ブログ

84.8kg 猫背は1分で改善できる

ふくらはぎが疲れやすい、ふくらはぎがむくみやすい人の特徴は姿勢にあります。

ふくらはぎにストレスがかかる=猫背であることが分かります。
理論立てて説明すると、猫背の人の歩き方はつま先に重心が乗るのが特徴である為、1歩の幅が狭く小股になっている。小股になるともちろんつま先に重心がのります。足首を底屈させる筋肉が下腿三頭筋(ふくらはぎ)です。意識としては大股で歩くことを心がけましょう。
しかし、猫背の方は上半身が前かがみになっている為、大股で歩こうと思ってもどうしても突進歩行のような形になります。そこで、猫背の方の特徴を見てみましょう。

☆日常生活
①デスクワークが多い
②スマホ依存
③運動不足

☆筋力バランス
①大胸筋が硬い
②背中の筋力が弱い
③腹筋が弱く腰がそる

1つ目、日常生活ではそうならないように姿勢を正し、基本的には遠くを見る癖をつけること。
2つ目がポイントで、
・胸の筋肉を伸ばすストレッチをする
・両手で肘を後ろに引く動作を10回繰り返し、背中の筋力を鍛える
・円柱のポールの上に寝転びバランスを取り腹筋を収縮させる
これらの動きは『ストレッチポール』と呼ばれるアイテムがあると1分で姿勢が改善できることが実感できます。正しい姿勢を見つけたら後は習慣づけるだけ。
すると歩き方が大股になり踵から床に接することが出来、ふくらはぎへのストレスがなくなります。下半身のストレスの原因は上半身にあります。

ダイエットはただ体重を減らすのではなく、
きれいな姿勢、適度な筋力、柔軟性がある、スポーツにも活かせるなど、全てがバランスよく向上することによって成功と言えます。まずは速攻性のある姿勢から見直してみてはいかかでしょうか?






© Fitness Studio SWAN